SIETAR Student Fair 2020

(Hosted by Otemae University students)


Date 日程:  Saturday December 12, 2020 1pm~5pm (Includes 2 breaks of 15 mins each)

  2020年12月12日(土) 13:00~17:00 (途中休憩あり、15分2回)

Fee 費用 :   Free 無料

Language 使用言語: Japanese & English 日本語と英語


Place 場所: Online オンライン (ZOOM)

Theme: Intercultural Experiences (studying, working, volunteering, doing service learning etc.) 

テーマ:国際交流(留学、仕事、ボランティア、サービス・ラーニング など)

Students from the Kansai area are invited to participate as presenters or spectators. Presentations are informal and conducted on topics related to intercultural experiences while studying, volunteering, doing service learning, community engagement in either Japan or countries abroad. Presenters can participate as individuals or as a group.  Spectators can move around the fair (ONLINE presentation rooms) to listen to various speakers, and presenters will have a chance to listen to other speakers. Presentations and discussions may be conducted in either English or Japanese. Groups should be prepared to introduce their activity in English in a minute or less.  Teachers and members of the public are encouraged and welcome to attend.

関西在住の、国際交流に関心を持つ学生たちが集まって自分たちの体験を共有できるイベント です。発表者の学生は、個人ないし小さなグループで、自分の経験を発表します。 発表のテーマは、国内外でのボランティア、留 学、地域活動、サービス・ラーニングなどで、発表のスタイルは自由です。参加者は、自分の興味 のあるオンラインルーム を回って発表者に自由に質問したり、ディスカッションをしたりします。 発表する言語は自由ですが、発表者(発表グループ)はイベントの初めに自身の活動に ついて、英語で簡単に紹介して下さい

Teachers, please encourage students to join the SIETAR Student Fair! Presenters can register here

Registration deadline for presenters is Saturday, November 28th . For spectators, no registration is required. All students are welcome as spectators! Please contact us for the link to participate. 

If you have any questions, contact sietar2020otemae@gmail.com.

発表登録は こちらからお願いします

お問い合わせ先: sietar2020otemae@gmail.com。 

発表登録締め切り:11 月 28 日(土) ※参加のみの方は、登録の必要はありませんが、当日のZOOMリンクを得るため連絡をしてください。

October 2020 SIETAR Kansai: Alzheimer’s disease prevention: through intercultural communication in an aging society アルツハイマー型認知症の予防:高齢化社会における異文化コミュニケーションを通して


Speaker 発表者:  Stephanie Ann Houghton (Saga University) ステファニー・アン・ホートン(佐賀大学)


Date 日程:  October 18, 2020 (Sunday)  2020年10月18日(日) 14:00~17:00

Fee 費用: :  Free for all 無料

Language 使用言語: English(Question time in English and Japanese )英語(質疑応答は英語と日本語)

ZOOM Online presentation *registration required* . Contact fujimotodonna@gmail.com to get the Zoom link or for any questions.
Zoomオンラインでのプレゼンテーションですので事前登録が必要です。 問い合わせ:fujimotodonna@gmail.comへメールで連絡して下さい。

The aim of this session is to highlight various practical ways in which Alzheimer’s disease prevention can be approached through intercultural communication from within mainstream foreign language education. In this session, Alzheimer’s disease prevention will be explored through Houghton’s FURYU (風流) Educational Program (FEP), which is currently under development in the Faculty of Art and Regional Design at Saga University. Houghton’s research has traversed through intercultural dialogue and (post) native speakerism through to art (performing arts/dance) and regional design (fitness). These will be reviewed from various standpoints related to lifestyle management including heritage management, intercultural dialogue, health and fitness, technology, art generation and social business.

このセミナーは,主要な外国語教育の中における異文化コミュニケーションを通して取り組まれるアルツハイマー型認知症予防について,いくつかの実用的な手法を明らかにすることを目的としている。セミナーでは,現在,佐賀大学芸術地域デザイン学部内において研究されているホートン博士の「FURYU(風流)学習プログラム(FEP)」を通して,アルツハイマー型認知症の予防について探る。彼女の研究では,異文化対話や(ポスト)ネイティブ・スピーカーリズムから,アート(舞台芸術・ダンス)や地域デザイン(健康)まで,詳しく考察されている。このプログラムは,遺産管理,異文化対話,健康とフィットネス,科学技術,アートジェネレーションやソーシャルビジネスを含む生活習慣管理に関連する様々な観点から検証する。


Stephanie Ann Houghton PhD is an Associate Professor of Intercultural Communication at the Faculty of Art and Regional Design, Saga University. She has published multiple academic books and articles in peer-reviewed international journals. She is co-editor of the book series Intercultural Communication and Language Education with Melina Porto. Addressing the development of intercultural communicative competence, her main research areas include intercultural dialogue, native speakerism and citizenship education, with a special focus on the prevention of Alzheimer’s disease.

ステファニー・アン・ホートン(PhD) 氏は,佐賀大学芸術地域デザイン学部地域デザインコース准教授。インターカルチュラル・コミュニケーションを専門分野とし,多数の学術書の出版や論文のある国際雑誌に論説が掲載されている。メリナ・ポート氏と共に「Intercultural Communication and Language Education」のシリーズ本を編集している。彼女の主要な研究領域は,異文化対話,ネイティブ・スピーカーリズム,公民教育など,特にアルツハイマー型認知症予防を焦点化させた異文化コミュニケーション能力の育成に 取り組んでいる。

September 2020 Between COVID 19 and Black Lives Matter: Vulnerabilities and Exclusion in Times of Crisis 「COVID 19禍とBlack Lives Matterの狭間でー危機の時代における脆弱性と排除」   


Speaker 発表者: Jackie Kim-Wachutka (Ritsumeikan University) キム=ヴァフトゥカ・ジャッキー(立命館大学)


Date 日程:  September 19, 2020 (Saturday)  2020年9月19日(土) 14:00~17:00

Fee 費用: :  Free for all 無料

Language 使用言語: English(Question time in English and Japanese )英語(質疑応答は英語と日本語)

ZOOM Online presentation *registration required* . Contact fujimotodonna@gmail.com to get the Zoom link or for any questions.
Zoomオンラインでのプレゼンテーションですので事前登録が必要です。 問い合わせ:fujimotodonna@gmail.comへメールで連絡して下さい。


In a time of the COVID-19 pandemic as well as the recurring ruptures of systematic and institutionalized inequalities echoed by the Black Lives Matter movement, the voices of the vulnerable and disenfranchised narrate experiences of another dimension of perpetual aggregated afflictions. The current zeitgeist emphasizes the importance of recognizing diversity; however, the border between the center and its periphery has become ever more distinct.
How are Japan’s minority communities confronting the repercussions of the pandemic? In what ways are mechanisms of exclusion and marginalization within the social structure amplified in a time of crisis? What are some counteractions that emphasize the need for inclusion and diversity in a growing multicultural, multiethnic Japan? Connecting the current milieu, this presentation considers socially marginalized communities in times of fear, insecurity, and unrest through the lens of junctures in history, systematic exclusionary methods of institutional discrimination, vitriolic hate speech, collective counteractions, and intercommunity grassroots activism.

COVID-19パンデミック、ならびに、Black Lives Matter (ブラック・ライヴズ・マター) 運動によって反響を呼んだ、組織的・制度的な不平等の繰り返しの破裂の中で、弱者や権利を奪われた人々の声は、苦悩の別次元の体験を語り出す。現在の社会は多様性を認識することの重要性を強調しているが、中心とその周辺との境界線はこれまで以上に明確になってきている。
日本のマイノリティ・コミュニティは、パンデミックの影響にどのように立ち向かっているのだろうか。社会構造制度に組み込まれた排除や疎外のメカニズムは、危機的状況下でどのように増幅されているのだろうか。多文化・多民族化が進む日本において、インクルージョンと多様性の必要性を強調するカウンターアクションにはどのような活動に取り組んでいるのか。現在の環境を結び付けて、このプレゼンテーションは、歴史における制度的差別の排除方法、ヘイトスピーチ、集団的なカウンターアクションおよび地域間の草の根活動を通じて、恐怖や不安の時代に疎外されたコミュニティを考察する。


Jackie Kim-Wachutka, Ph. D., teaches at Ritsumeikan University. She has published two monographs “Hidden Treasures: Lives of First-Generation Korean Women in Japan” (Rowman and Littlefield, 2005) and “Zainichi Korean Women in Japan: Voices” (Routledge, 2019). Some of her latest articles are “Bones to Pick: Nationalism Beyond the Grave” (Iudicium, 2018), “When Women Perform Hate Speech: Gender, Patriotism, and Social Empowerment in Japan” (Asia Pacific Journal: Japan Focus, 2019) and “Hate Speech in Japan: Patriotic Women, Nation and Love of Country” (Routledge, 2020). She is currently conducting two research projects: Japan’s multi-ethnic aging and care within nursing facilities that address the needs of the growing number of foreign residents, and women’s performativity of patriotism and feminized hate speech.

キム=ヴァフトゥカ・ジャッキー氏は、2012年より立命館大学講師。著書に「隠された宝石:日本における一世代の韓国・朝鮮人女性の生活史」(2005年Rowman and Littlefield)、「在日コリアン女性: 声」(Routledge, 2019年) の2冊の研究論文を出版している。最新記事の一部は、「墓の向こうのナショナリズム」(Iudicium, 2018年)、「女性がヘイトスピーチを行うとき:ジェンダー、愛国心、社会的エンパワーメント」(Asia Pacific Journal: Japan Focus, 2019年)、「日本におけるヘイトスピーチ: 愛国女性、国家、国を愛することは」(Routledge, 2020年)。最新二つの研究プロジェクト-(1) 増え続ける外国人の高齢化のニーズに対応している介護施設と介護方法、(2)愛国心と女性のヘイトスピーチのパフォーマンスの言説分析-を実施している。