2021年10月SIETAR関西―ダイバーシティへの対応:京都の支援グループ紹介  SIETAR Kansai October 2021― Responding to Diversity: Support Groups in Kyoto

講演者: 京都の4つの支援グループからのパネリスト

日程:  2021年10月30日(土)

時間:  10:30~12:30(注:通常とは異なる時間です!!)

費用:  無料

言語:  日本語(質疑応答は日本語と英語)

Zoomによるオンライン・プレゼンテーションですので事前登録が必要です。お問い合わせさき:zoom参加のリンク取得、ご質問はfujimotodonna@gmail.comまで。

Speakers:  Panelists from four Kyoto support groups

Date:        October 30, 2021 (Sat.)         

Time:       10:30-12:30

Fee:       Free for all 

Language:  Japanese (Q&A in Japanese and English)

ZOOM Online presentation *registration required*

Contact: fujimotodonna@gmail.com to get the Zoom link and for any questions.

プログラムの内容

昔から、日本は多民族国家であるという長年の神話がありますが、日本に住む多くの人々の生活体験や調査結果から、そうではないことが明らかになっています。マイノリティのコミュニティの存在やニーズは取り上げられることが少なく、こうした状況は変えていかなくてはなりません。このプレゼンテーションでは5人のパネリストが京都に拠点を置く4つのグループを紹介し、それぞれの目的や目標、活動、そして課題について説明します。4つの支援グループはいずれも、京都のさまざまなマイノリティのコミュニティから大いに必要とされているものです。このプレゼンテーションの目的は、多文化共生に対する認知度を高めるとともに、日本人と外国人の両方が直面している、地域的なダイバーシティの現状に関わる課題を知ってもらうことにあります。(注:討論は日本語で行われますが、質疑応答は英語と日本語で行います)

Description:

While there is a long-standing myth that Japan is a heterogeneous country, research and the lived experience of many people living in Japan reveal that this is not the case. The existence and needs of minority communities are underrepresented, and it is important to change this. In this presentation four organizations based in Kyoto will be introduced by five panelists, and they will explain the purpose, goals, activities, and challenges of each group. All four support groups have proved to be much needed by the various minority communities in Kyoto. The overall goal with this presentation is to increase the visibility of multiculturalism as well as raise awareness of the current issues about local diversity facing both Japanese and non-Japanese residents. (Note: this panel is in Japanese, but Q&A is in Japanese and English.)

パネリスト / Panelists 

1.代表:児嶋きよみ氏:ひまわり教室 (外国につながる子どもの学習支援教室)―子供とその親のための教育支援

Kiyomi Kojima with Himawari Kyoshitsu – educational support for children and their parents

sietar kansai October2021 Kiyomi kojima.png

2.代表:ハッカライネン・ニーナ氏:パルヨン PARUYON (外国人女性の会)―日本在住の外国人女性支援団体

Nina Hakkarainen with Paruyon Foreign Women’s Association – support group for foreign women living in Japan

sietar kansai October2021 Nina Hakkarainen.png

3.代表:野中直子氏: 公益社団法人 京都市国際交流協会

Naoko Nonaka with Kyoto City International Exchange Foundation

sietar kansai October2021 Naoko Nonaka.png

4.代表:﨑ミチ氏森長ウィリアムズ エリザベス(リビー)氏:TABUNKO (多文化共生社会の子育て支援団体)  

Michi Saki and Elisabeth Williams Morinaga (Libby) with Tabunko – supports child-rearing in a multicultural society

sietar kansai October2021 Michi Saki triming.png
sietar kansai October2021 Elisabeth Williams Morinaga.png

 

 

 

SIETAR Kansai September 2021 (Co-Sponsored with Osaka & Kyoto JALT) 9月SIETAR 関西・JALT 大阪・京都 合同例会

Why teachers and linguists must change our mindsets: Towards a transdisciplinary and translingual approach

なぜ教員や言語学者は考え方を変えなければならないのか:学際的で言語横断的なアプローチへ向かって

Speaker: Ahmar Mahboob, Sydney University
Date: September 26, 2021 (Sun.)
Time: 14:00-17:00
Fee: Free for all
Language: English

ZOOM Online presentation registration required
Contact: fujimotodonna @gmail.com to get the Zoom link and for any questions.

発表者:  Ahmar Mahboob ( シドニー大学 )

日程:     2021年9月26日(日)  

時間:     14:00-17:00

費用:     無料

言語:   英語

Zoomによるオンライン・プレゼンテーションですので事前登録が必要です。 お問い合わせ先: Zoom参加のリンク取得、ご質問はfujimotodonna@gmail.com まで。


Description:

Ahmar Mahboob is a linguistics professor who has gone well beyond the usual academic timeline. After teaching at various universities, publishing a long list of scholarly papers and books, organizing and presenting at many international conferences, Ahmar is making teachers rethink what we do in the classroom. According to Ahmar, there is no point in doing and teaching research if “it isn’t helping anybody.” He has developed the CREDIBLE approach, a teaching guideline that encourages students and teachers to create projects that address the real needs of people and communities where they live.

We will be able to gain some new perspectives, not only for teaching, but, time permitting, we can also ask Ahmar about his work with: World Englishes, non native speakerism, multilingualism, language variation, identity management, spirituality, poetry, and living as an Indigenous Australian with his adopted family.

Ahmar Mahboob氏は通常のアカデミックタイムラインをはるかに超える言語学の教授です。様々な大学で教え、学術論文や書籍を多数出版し、多くの国際会議を主催して、発表してきたMahboob氏は教員たちに対して教室で何をするかについて考え直させています。彼は、「誰の役にも立たない」のであれば、研究したり、教えても意味がないと言います。彼はCREDIBLEアプローチを開発しました。これは、学生と教員に地域で暮らす人々やコミュニティが真の需要に対処する研究課題を促進させるための学習ガイドラインです。私たちは、指導のためのいくつもの新たな視点を得るだけではなく、時間が許せば、Ahmar氏に世界共通語としての英語(World Englishes)、ネイティブでない話者主義(non native speakerism)、多言語主義、言語の変化(language variation)、アイデンティティ管理、精神性 、詩 、そして養子先の家族とともにオーストラリアの先住民としての暮らしなどについても尋ねることが出来るでしょう。

Profile of the speaker:

Ahmar Mahboob is Professor of Linguistics at Sydney University, Australia. What makes him distinctive from all other well-published academics is the fact that he is a ‘nomadic’ professor. Off and on for more than two years he has led this life style, which he states enables him to engage with everyday people in a one-to-one basis where he can experience firsthand the dialects and literacies that he would be unable to gain by staying at the university. He is an advocate of subaltern linguistics, which involves the study of social groups excluded from dominant power structures. Rather than outsiders study communities, it is the people themselves who carry out the work to enable their own well-being, prosperity, and empowerment. Recently, Mahboob is engaged with an Australian indigenous family on some new projects.

Ahmar Mahboob氏 はオーストラリアのシドニー大学言語学の教授です。彼が他の研究者と大きく異なる点は、彼が「遊牧民」のような教授であるということです。 2年以上にわたる断続的な暮らしは、彼が人や民族との日常的な関わりのなかで、方言や読み書きの能力を直接に体験することができるライフスタイルを導きだしました。これらの経験は、大学に留まり続けると得られないであろうと言います。彼は支配的なパワーストラクチャーから、排除された社会グループの研究を含むサブオルタナティブ言語学の提唱者です。部外者がコミュニティを学ぶのではなく、そのような社会集団の人々が中心となって、自分たちの幸福、繁栄、エンパワーメントを可能にするための研究を行うというものです。最近、Mahboob氏はオーストラリア先住民の家族と新しいプロジェクトに携わっています。

SIETAR Kansai July 2021 Human Trafficking and Modern Slavery: Is it true it’s happening in Japan? 2021年7月例会 SIETAR関西 「人身取引と現代の奴隷制、日本でも起きているって、本当ですか?」

Speaker:  Mariko Yamaoka (Director, Not For Sale Japan (NFSJ)

Date:   July 18, 2021 (Sunday)

Fee:      Free for allLanguage: English

Time:    14:00-17:00

Description:

Today, there are more than 40 million “modern slaves” in the world, despite the fact that slavery is supposed to have been abolished long ago and is illegal anywhere on the globe. Human trafficking, or trafficking in persons, as defined by the United Nations, is the act of recruiting, transporting, transferring or harboring of people for the purpose of exploitation by means of deception, threat, violence, or taking advantage of those in vulnerable positions. In other words, human trafficking is the process of enslaving other people. 
But who are the slaves? What are they forced to do? How have they fallen into slavery? Why can they not escape from the situation? In what country and in what places does human trafficking take place? Who are the perpetrators? Is there any way to rescue the victims and prevent it from happening? What are the governments and the UN doing for it? What can we do to stop it?  
Human trafficking is happening in Japan. However, most people don’t know it. Why? It is because human trafficking is a crime hidden in the shadow. But the victims are not always locked up and are likely to be walking around in plain sight. Actually those who are victims of sexual exploitation and labor exploitation are often not recognized as victims of human trafficking but of other crimes and problems. Let us discuss and think about how we can contribute to the solution of this serious human rights violation.

ZOOM Online presentation *registration required*  Contact: fujimotodonna@gmail.com to get the Zoom link and for any questions.

Mariko Yamaoka.

After working as a translator for more than 10 years, Mariko Yamaoka planned and translated David Batstone’s book “Not For Sale” into Japanese in 2010. In the following summer, she launched Not For Sale Japan as the Japan chapter of the California-based charity “Not For Sale” founded by Batstone. She has been working to raise awareness of the issue of human trafficking, also known as “modern slavery”, through lectures, presentations, events, exhibits, film screenings, campaigns, and information dissemination with other volunteer staff members.    Yamaoka also participates in JNATIP, the Japan Network Against Trafficking In Persons, as a member of the steering committee; she engages in communications with the Japanese government and sends comments to the UN. She is a co-director of SSRC, the Citizens’ Network to Build a Sustainable Society through Responsible Consumption, and advocates ethical consumption to the business sector and to consumers.

発表者: 山岡万里子(ノット・フォー・セール・ジャパン(NFSJ)代表

日程:  2021年7月18日(日)    

時間:  14:00~17:00

費用:  無料

言語:  英語

ZOOM Online presentation *registration required*

お問い合わせ先: お申込み、または、お問い合わせは、fujimotodonna@gmail.com  までg

概要

 今、世界中に4,000万人以上の「現代の奴隷」がいるとされています。奴隷制はとっくに廃止され、今や世界中で違法とされているにも関わらず……。
国連で定義が定められている「人身取引」とは、人を搾取することを目的に、その人を騙したり脅したり暴力をふるったり弱い立場につけこんだりする手段を使って、人を勧誘したり移動させたり引き渡したり監禁したりする行為です。つまり、人を奴隷にするプロセスが「人身取引」なのです。
いったいどんな人が奴隷なのか、彼らは何をさせられているのか、どうして奴隷になってしまったのか、なぜ抜け出せないのか? 人身取引はどんな国のどんな場所で起きているのか、加害者はどんな人なのか、被害者を助けたり被害を防いだりできないのか、政府や国連は何をやっているのか、私たちにできることはないのか――? 
人身取引は日本でも行われています。ところが、一般の人々の多くはそのことを知りません。なぜなら、人身取引は隠れた犯罪だから。でも被害者は必ずしも監禁されているわけではなく、実は私たちの目に見えるところに存在している可能性もあります。実は、労働搾取や性的搾取で被害に遭っている人たちは、「人身取引の被害者」としてではなく、別の問題の被害者として認知されることが多いのです。
どうしたら、この深刻な人権問題を解決していけるのか、ぜひ皆さんと共に考えていきたいと思います。

講師プロフィール: 山岡万里子

 出版翻訳に十数年たずさわった後、バットストーン著『Not For Sale』を自ら企画翻訳した(『告発・現代の人身売買』朝日新聞出版/2010年)ことから、米国拠点のNGO〈Not For Sale〉の日本支部として、2011年夏にNFSJを設立。ボランティアで集まった仲間たちと共に、講演・出張授業・ミニ学習会・イベント出展・映画上映会・キャンペーン・情報発信などを通じ、「現代の奴隷制」と呼ばれる人身取引問題の啓発に取り組んでいる。
また日本における人身取引問題に取り組む「人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)」の運営委員、エシカル消費を推進する「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)」の共同代表幹事を務め、それぞれ政府・国際機関、企業・消費者に対し積極的な働きかけを行っている。