「異文化間コミュニケーション教授法について」 -アフロ・アメリカン、アングロ・アメリカンと日本人の コミュニケーションスタイルの比較よりー

2003年01月26日(日) 08:49:07

日時

2003年 1月26日(日)2:00pm-4:30pm

 

講演者

安部 剛

徳島文理大学

 

場所

高槻市立総合市民交流センター・第2会議室 JR高槻駅南口徒歩1分

Tel:0726-85-3721

 

費用

500円(会員)

1500円(一般)

1000円(学生)

 

言語

日本語

 

講演の概要:

これまでの大学英語教育での異文化コミュニケーション教授法は、日本人のコミュニケーションスタイルとアメリカ合衆国の白人とを比較した日米の比較対照に重点が置かれていた。しかし、最近ではイギリス人、アングロ・アメリカン(白人)と日本人など複数の民族集団との相違や類似点なども論じられるようになってきた。

日本人大学生を対象にした異文化コミュニケーションの効果的な教授方法として次の2点を提唱したい。

1.アメリカ合衆国の主流民族集団である、アングロ・アメリカンと日本人だけの比較だけではなく、例えば、アメリカ合衆国の少数民族集団も入れた比較の三角測量の手法を取り入れていく。

2.異文化コミュニケーションの葛藤や摩擦が生じる背景を説明するビデオ教材を活用する。

講演者のプロフィール:

米国オハイオ州立大学とカンザス大学院にて文化人類学を学び、博士課程を修了。ミクロネシアにおける植民地主義の比較研究で、1986年PhD を取得。広島大学総合科学部助教授を経て、1992年より徳島文理大学教授。文化をコミュニケーションとしてとらえ、アメリカ合衆国の白人と黒人のコミュニケーションスタイルの違いなど異文化間コミュニケーション、エスニックジョーク、日本の笑い、祭りなどのユーモア研究に従事。

*2月の例会はお休みにさせていただきます。次回、3月(3月2日予定)は、京都大学で文化人類学の博士号に取り組んでおられるアンカ・ベロニカさんに”Constructing Gender for Japanese Television Commercials”という題目でお話いただく予定です。

どうぞ奮ってご参加ください。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年4月 SIETAR 関西例会
●日時: 4月中旬(予定) 内容が決まり次第お知らせします

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/