ラテンアメリカ人と日本人のコミュニケーションスタイルの考察

2003年06月15日(日) 09:28:10

5,6月は学会が多数開催されますため、例年どちらかの月例会はお休みにさせていただいております。今年は、5月の月例会がお休みになります。次回の月例会は6月15日です。また、6月におめにかかれますのを楽しみに致しております。

 

日時

2003年6月15日(日) 2:00pm-4:00pm

 

講演者

ベス・チャンバリン氏

立命館大学/京都外国語大学

 

場所

高槻市立総合市民交流センター(JR高槻駅から徒歩1分)

Tel:0726-85-3721

 

費用

500円(会員)

500円(学生)

1000円(一般)

 

言語

英語

 

講演の概要:

この講演では、発表者が制作した25分のドキュメンタリービデオ「日本におけるサルサ:日本人とラテンアメリカ人が交わる」鑑賞から始める。ビデオではサルサの歴史、ラテンアメリカに移住した日本人、反対に日本に移住したラテンアメリカ人のことを紹介する。また、日本での二つの異なるダンス社会を紹介する。一つは多くの日本人が集まる地域であり、もう一つは出稼ぎに来ているラテンアメリカ人の集まる地域である。ビデオ鑑賞後、二つの文化におけるコミュニケーションスタイルの相違点について話し合う。

 

講演者のプロフィール:

ベス・チャンバリン氏は1995年、California Institute of Integral Studiesにて社会文化人類学で修士号を取得。翌年日本に来日してから、個人的な時間の殆どをラテンアメリカ人の地域社会で過ごす。彼女が制作したビデオはUCバークレーメディアセンターにより配給されている。現在、立命館大学と京都外国語大学で異文化コミュニケーションと英語を教えている。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年10月 SIETAR 関西 例会:「隠れキリシタンと潜んだ信仰」
●詳細は こちら

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/