日本における就業上の感情管理に関する個人的・社会的コストについて

2003年09月16日(火) 09:29:41

*    9月の例会では、サンフランシスコ州立大学よりデイビッド松本先生をお迎えします。通常の日曜日の開催ではありませんが、多数の皆さんにお目にかかれますのを楽しみに致しております!

 

日時

2003年9月16日(火) 7:00pm-9:00pm

講演者

デイビッド・松本博士

サンフランシスコ州立大学

 

場所

高槻市立総合市民交流センター(JR高槻駅から徒歩1分)

Tel:0726-85-3721

 

費用
500円(会員)

500円(学生)

1000円(一般)

 

言語

英語

 

講演の概要:

人間の感情は、自然界における最強の力の1つである。それは、何かを構築する原因にも破壊する原因にもなりうるし、人々を結びつけることも、逆に、分離することもできる。また、善のためにも悪のためにも使われるし、芸術、音楽などの高尚なものにも、また、戦争にも通じるものである。このような理由で、社会や文化における最重要目標の1つとして、生き抜くための可能性を最大にするために感情を規制することがあげられる。文化や社会はこれを感情規制と呼ばれる感情管理のプロセスを通して行っており、文明の歴史を通じて行われている。職場組織には独自の組織文化があり、どのようにして個々の企業が感情管理を行っているかは組織文化の重要な側面である。しかし、日本企業における感情管理の実践が個人や社会に及ぼす結果については、これまでほとんど着目されてこなかった。今回の講演では、感情管理が個人と社会にどのような結果をもたらすのかを話すとともに、より良い感情規制の実践を通じて、個人や社会の状況を改善する方法についても言及したい。

 

講演者のプロフィール:

デイビッド松本博士。現在、サンフランシスコ州立大学、心理学科の教授であり、文化感情研究所のディレクター。ミシガン大学にてB.A.を、カリフォルニア大学バークレー校にて M.A.およびPh.D.を取得。15年間に渡って、感情、人間の相互作用、文化について研究 をされており、論文、著書、ビデオ製作、評定スケールの開発などを含めて、その業績は 250に及ぶ。国内外での講演活動も多数あり、ビジネスの分野における異文化コンサルタントとしても活躍中。柔道についても造詣が深く、現在、合衆国柔道連盟委員長および 国際柔道連盟公認研究員。1996年のアトランタオリンピックをはじめ、数々の 世界選手権でアメリカ合衆国のチームリーダーを務める。主な最近の著著として、The New Japan: Debunking Seven Cultural Stereotypes (2002, Intercultural Press), The handbook of culture and psychology (2001, Oxford Univ. Press), Culture and psychology (2nd ed.)(2000, Brooks Cole Publishing Co.)など。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年4月 SIETAR 関西例会
●日時: 4月中旬(予定) 内容が決まり次第お知らせします

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/