講演・シンポジウム:暮らしの中のことばと文化の壁

2004年11月06日(土) 09:39:24

「内なる国際化」にともない、日本に暮らす外国人と日本人が接触する場面が増えてきています。 医療、司法、そして日々の暮らしの中でのコミュニケーションの問題を考えましょう。


主催:

日本通訳学会コミュニティー通訳分科会

日本コミュニケーション学会関西支部

SIETAR異文化コミュニケーション学会関西支部


協賛:千里金蘭大学


日時

2004年11月6日(土) 13:30-17:30


場所

千里金蘭大学 本館9階大会議室 ( MAP


費用

会員 無料, 学生 500円, 一般 1,000円

懇親会会費 2000円 (千里金蘭大学・教職員クラブにて)


プログラムの概要:

第1部        (13:30~15:10)

第2部        対談講義:「言葉のバリアフリーを目指して」

講演者:

  • 和田重太氏  (大阪弁護士会弁護士)
  • 「外国語を必要とする刑事手続きの実情」
  • 伊藤守氏  (りんくう総合医療センター市立泉佐野病院診療局長)
  • 「りんくう総合医療センターにおける外国語を必要とする医療の実態」

モデレーター:  水野真木子 (千里金蘭大学)

追加発言:

  • 北村広美  (大阪大学大学院人間科学研究科・ 助産師・NGO)
  • 「日本に暮らす外国人の声」
  • 鳥海直美  (千里金蘭大学人間社会学部)
  • 「コミュニティーとバリアフリーについて」

第2部 (15:30~17:20)

ロールプレイ・寸劇を通して考える:テーマ「なぜ、すれ違うのか」

  • 日本通訳学会コミュニティー通訳分科会
  • ロールプレイ -薬局での会話の通訳-
  • 薬局での服薬指導を想定して、患者に伝えるべき情報の通訳練習と、通訳者の役割について考える。
  • 代表:西野かおる(みのお英語医療通訳研究会)
  • 日本コミュニケーション学会関西支部
  • 「異文化誤解とコンフリクト・リゾリューション」
  • 寸劇を通して異文化誤解と闘争、そしてその解決について探る。
  • 代表:中林眞佐男(関西外国語大学)
  • 異文化コミュニケーション学会関西支部
    Contrast Culture Method (コントラスト・カルチャー・メソッド、文化対照法)によるロールプレイを通して、異文化間の誤解がどのようにして生じるかを提示し、異文化理解と自文化理解について考える。

代表:富岡美知子(CCM研究グループ)

● お知らせ ●

月例会は、
2019年5月 SIETAR 関西例会 : 「ブラーマ・クマリス -- ラージャヨガの瞑想と哲学」ラリタ・パセラ氏
●日時: 5月26日(日)14:00-17:00

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/