2007年異文化コミュニケーション学会関西支部4月例会 体験学習による知育:サービスラーニングとリーダーシップのカリキュラム

2007年04月07日(土) 16:04:33

講師: ダイアン・マッセルホワイト

日時: 月 22日(日) 200pm-400pm

場所: 高槻生涯学習センター (研修室 3階)

      阪急高槻市駅から西に500m 徒歩約10分

       JR高槻駅から南に500m 徒歩約10分

       桃園町2-1  TEL 072-674-7700

      http://www.city.takatsuki.osaka.jp/bunka/manabi

費用: 会員・学生 500円、 非会員 1,000円

使用言語: 英語

 

発表概要

 

 プール学院大学(大阪)の国際文化学科の異文化間協働専攻においては、学生はインターンシップ、オフキャンパス講座、フィールドワーク、サービスラーニングの4つのうち2つを必修科目として履修しなければならない。そのためのサービスラーニングは、正規のカリキュラムとして今年4月にすでに3年目を迎える。サービスラーニングとは、学力の増大、人間的な成長、さらには一市民としてあるいは地域の一員としての役割を果たすことを促すための教授方法および学習方法である。これのもう一つの側面は、異文化体験をする機会となるということである。プール学院大学におけるこのプログラムには、海外や国内での種々の活動が含まれている。この発表では、このプログラムの始まった経緯、それの大学内での位置づけ、その運営、それにともなう困難、そしてその目的について説明する。また、リーダーシップ・プログラムとそれとサービスラーニングとの関連についてもお話する。

 

講師プロフィール

 

 ダイアン・マッセルホワイトは教育人類学を専門とし、プール学院大学においてこれまで11年間教鞭をとってきた。現在、同大学の異文化間協働センターのセンター長を務めている。

 

 

● お知らせ ●

月例会は、
2019年5月 SIETAR 関西例会 : 「ブラーマ・クマリス -- ラージャヨガの瞑想と哲学」ラリタ・パセラ氏
●日時: 5月26日(日)14:00-17:00

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/