2009年度異文化コミュニケーション学会関西支部6月 ワークショップ「異文化コミュニケーション専門家の複数の専門分野の統合について」

2009年06月07日(日) 16:12:45

講師:   クリフォード・クラーク教授

日時:   平成21年6月7日(日) 13:00~16:00 

場所:   高槻市立生涯学習センター(研修室)

      (JR高槻駅南口、阪急高槻市駅より徒歩10分)Tel:072674-7700

      http://www.city.takatsuki.osaka.jp/bunka/manabi

費用:      会員   2,000円 ・   学生 1,000円  

非会員 3.000円 ・   非会員学生 1,500円

使用言語: 英語

 

 

ワークショップの概要

多くの人々は1,2の学問分野の専門家として出発しますが、長年にわたって真に貢献するためには、異文化コミュニケーションに関する知識やスキルを統合し、なお拡張する方法を見つける必要があります。それに加えて、共に働く人々や研修生・学習者に対して思いやりや関心を持つことも、もちろん必要です。個人レベル及び職業的レベルで継続して成長を促す包括的で非排他的な視点は、Competence(能力)、Compassion (思いやり)、Commitment(かかわり合い)の3Cで導き出せます。クラーク教授はこの概念を自身の職業経験から例証し、成長を豊かなものにするための機会を参加者と話し合います。グローバル企業並びに交換留学生や在外研究者の異文化学習を発達サイクルの進展で見ていくことがクラーク氏のアプローチなのです。

 

プレゼンターのプロフィール

クリフォード・クラーク教授は現在ハワイ大学大学院(コミュニケーション学部)で異文化コミュニケーション理論、トレーニング、コンサルティングを教えている。クラーク氏はまた、Global Integration Strategiesを創設し、会長として企業向けの研究プログラムや教育的な交流プログラム をウェブサイトwww.gis-tools.com, www.gis-tools.com/edu.htmlを通して行っている。クラーク教授は高校までを京都で過ごし、ハワイに居住するまでに、富山県出身の夫人と共に世界30ヵ所で暮らした純粋な“TCK”(Third Culture Kid)であり、“国際的遊牧民”である。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年10月 SIETAR 関西 例会:「隠れキリシタンと潜んだ信仰」
●詳細は こちら

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/