インドネシア映画にみるイスラム的な「愛の姿」

2009年11月08日(日) 10:10:10

日時

2009年11月08日(日) 14:00-16:00


講演者

小池誠教授(桃山学院大学)


場所

高槻市立総合市民交流センター(第2会議室)

(JR高槻駅徒歩1分)、 Tel.(0726)85-3721

http://www.city.takatsuki.osaka.jp


費用

会員・学生 500円、 非会員・1,000円


言語

日本語


講演の概要:

21世紀に入ってインドネシアの映画界は活況を呈している。インドネシアで昔から根強い人気を誇っているホラー映画も面白いが、今回は恋愛と結婚を題材にしたインドネシア映画に焦点を当て、イスラム教という宗教的背景を考えつつ映画のストーリーを読み解き、果たしてどんなインドネシア的な特徴があると言えるのか考えてみたい。多様な一夫多妻婚のケースに同性愛も絡ませた「分かち合う夫 Berbagi Suami」(2007年)と、360万人もの観客を動員した、エジプトを舞台にインドネシア留学生の愛を描く「愛の数章 Ayat-Ayat Cinta」(2008年)という話題作2本を取り上げて、いくつかの興味深い映画シーンを紹介しながら、現代のインドネシア社会における「愛と結婚」の多様な形に迫ってみたい。


講演者のプロフィール:

桃山学院大学国際教養学部教授。東京都立大学で博士号取得。専門は社会人類学で、テレビと映画を中心にしたインドネシアのメディアの研究だけでなく、インドネシア東部のスンバ島の「家」の研究にも取り組んでいる。2008年にはスンバの伝統家屋復興プロジェクトに力を注いだ。主な著書には『インドネシア――島々に織りこまれた歴史と文化』(1998年、三修社)と、『東インドネシアの家社会――スンバの親族と儀礼』(2005年、晃洋書房)がある。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年5月 SIETAR 関西例会 : 「ブラーマ・クマリス -- ラージャヨガの瞑想と哲学」ラリタ・パセラ氏
●日時: 5月26日(日)14:00-17:00

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/