多文化関係学会・中部・関西地区夏季研究会 異文化コミュニケーション学会 関西支部 合同研究会のご案内 テーマ「日本社会と朝鮮学校:言語、文化継承の視点から」

2011年07月07日(木) 20:26:04

テーマ「日本社会と朝鮮学校:言語、文化継承の視点から」

○講演者:

1)田中宏(自由人権協会代表理事)

2)柳美佐(京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士後期課程院生)

○日時: 2011年7月17日(日)14:00~17:00

(終了後に懇親会を予定しています。懇親会参加費3000円程度。)

○会場:  龍谷大学・大阪梅田キャンパス

〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 

ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階

TEL:06-6344-0218 FAX:06-6344-0261

○交通:http://career.ryukoku.ac.jp/osaka_campus/access/index.html

○参加費用: 無料

○申込み方法: 李洙任(Soo im LEE)(龍谷大学)

lee@biz.ryukoku.ac.jpまでメールかファックスでお知らせください。

懇親会の参加の有無も合わせてご連絡ください。 FAX: 06-6658-4642

 

 

 

(1)田中宏【自由人権協会代表理事】

 

「高校無償化の朝鮮学校除外に見える日本の多文化共生」

 

【概要】

高校無償化法は、民主党政権が打ち出したもので、唯一実現したものといえよう。すなわち、子ども手当、高速道路無料化、農家の個別補償のいずれも迷走している。高校無償化では一条校のみならず、専修学校高等課程及び外国人学校をも対象としたことは、画期的である。なぜなら、従来から外国人学校は冷遇されてきたが、今回はまったく同等に扱われ、しかも国費が投入されたのである。

外国人学校31校は指定された(インターナショナル・スクール17校、ブラジル学校8校、中華学校の2校など)が、朝鮮高校10校は指定されないまま1年が過ぎた。この朝鮮学校除外は、例えば、大阪府は補助金を初、中には支給するが高校は除外するなど、地方自治体にも波及している。

外国人学校、朝鮮学校の存在を、日本における多民族・多文化共生の

なかに位置付け、問題の所在を考えてみたい。

 

【プルフィール】

一橋大学名誉教授。一橋大学大学院経済学研究科修了。経済学修士(一橋大学)。元龍谷大学特任教授。専門は日本アジア関係史、ポスト植民地問題。著書に『在日外国人新版』1995年、岩波書店、『日韓・新たな始まりのための20章』(共著)2007年、岩波書店など。

 

 

(2)柳美佐 (京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士後期課程院生)

 

「在日朝鮮学校児童の継承語習得過程-初級部3年生の二言語作文から見えてくるもの(中間報告)-」

 

【概要】

日本語を母語とする在日コリアン3世・4世のうち朝鮮学校で学ぶ児童は、小学校に入学して約一年後には継承語である朝鮮語のみで学校生活をほぼ支障なく送れるようになっている。トータルイマージョン方式により第二言語として朝鮮語を学びつつ、同時に教科学習をしてゆく児童の二源吾習得過程はどのようなものであろうか。

 

本報告は、初級部三年生による朝鮮語・日本語二言語作文を通して、児童が三年間のイマージョン教育を通して身につけた、両言語での書く力に関する中間報告である。また作文の内容から、児童が朝鮮学校に対してどのような認識を持っているのかについても同時に考えたい。

 

【プロフィール】

京都大学大学院 人間・環境学研究科博士後期課程共生人間学専攻 外国語教育論講座院生。研究分野はイマージョン方式による継承語教育、第二言語習得。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年5月 SIETAR 関西例会 : 「ブラーマ・クマリス -- ラージャヨガの瞑想と哲学」ラリタ・パセラ氏
●日時: 5月26日(日)14:00-17:00

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/