2012年異文化コミュニケーション学会関西支部5月例会 「日本に住む外国人の医療事情」

2012年05月06日(日) 10:37:29

 

講師:   中萩エルザ (臨床検査士、医師)

 

日時:   平成24527日(日) 200pm~4:00pm

 

場所:   高槻市立総合市民交流センター、3階(遊の工房)

 

      (JR高槻駅徒歩1分)、 Tel. 0726-85-3721

 

             http://www.city.takatsuki.osaka.jp

 

費用:   会員・学生 500円、 非会員・ 1,000

 

使用言語: 日本語 (質疑応答は英語と日本語)

 

 

 

 

 

発表要旨

 

日本に住む外国人は生活において一般的な日本語の会話には問題はないかもしれませんが、病院に行ったり医師に診てもらう場合は違います。

 

自分の症状を医師に説明する時や治療の説明を理解する時に、専門用語を交えた日本語に困ることが多いと報告されています。

 

今日の講演では、医療における様々な事例を通して、日本に住む外国人の医療事情を知って頂き、医療通訳の存在と役割の大切さ、そして外国人をサポートする側のストレスマネージメントに関してご紹介し、皆様と意見交換をしたいと思います。

 

 

 

 

 

講師紹介

 

中萩エルザ氏は1958年、ブラジル、サンパウロ市生まれ日系二世の

 

臨床検査士、医師である。現在、名古屋ブラジル領事館のDISQUE―SAUDEプロジェクトの医療相談医、大阪府庁健康福祉部地域保健福祉室感染症・疾病対策課特定疾患グループ派遣カウンセラー、NPOやNGO団体で医療相談、医療通訳を勤める。EFT Japan セラピスト、EFT セミナー講師。

 

異文化理解、多文化共生や医療通訳などの講座の講師も勤める。「暮らしの医学用語辞典」ポルトガル語版、スペイン語版、タガログ語(英語)版、Guia da mamãe (日本での子育てガイドブック)などの著者がある。

 

 

● お知らせ ●

月例会は、
2019年9月SIETAR 関西 ワークショップ 「ペルシャ料理体験」
●日時: 9月30日(日)15:30-19:00

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/