SIETAR 関西・ JALT大阪/ JALT神戸 2013年8月合同研究会:ワークショップ「沈黙を破って:日系アメリカ人が体験したこと」

2013年07月23日(火) 03:57:09

講演者:  Nikki Nojima Louis, Ph.D.(脚本家、役者、教育者)

日時:    2013810日(土)  14001700  

     終了後にレストラン(タイ・バリ料理)で親睦会を致します。

     参加ご希望の方は82日迄に下記のメールアドレスにお申込み

     下さい:fujimotodonna@@gmail.com(送信時は@を一つ抜いてください)

場所:  高槻市立総合市民交流センター 、5階(視聴覚センター)

     JR高槻駅徒歩1分)、 Tel. 0726-85-3721

           http://www.city.takatsuki.osaka.jp/db/kurasu/images/koryu.gif

費用:   会員学生 無料、 非会員  500

使用言語: 英語

 

講演概要

ニッキ・ノジマ・ルイス氏は日系アメリカ人の脚本家、教育者、役者。歴史劇「沈黙を破って:日系アメリカ人が体験したこと」上演のためにキャストを連れて初来日する。

この朗読劇は1986年にワシントン大学で初演され、その後、米国全土で上演されている。日本での上演は初めてで、8月1日から3日に広島、8月4日に愛知大学、8月5日に再度広島で行われる。上演チームは、8月6日に広島で行われる平和記念式典に出席の予定。

朗読劇を見に行けない人のために、8月10日にこの劇の概要を知るチャンスがある。ノジマ・ルイス氏による、スライドやビデオクリップを用いたプロセス全体の説明を聞くことが出来る。「沈黙を破って」はリーダーズ・シアター(朗読劇)という手法を用いて、歴史の口述や短歌、音楽を組み合わせて、日系アメリカ人が3世代にわたって何を経験してきたかを明らかにしていく。

参加者は、リーダーズ・シアターを様々な側面から経験する機会を得る。また、基本技術の多くは、ノジマ・ルイス氏の共同ディレクターであり、「ローカル・アクセス・フォー・ジ・アーツ・イン・エデュケーション」と呼ばれる集団の一員であるジャン・マー氏の著書に基づいたものである。歴史や演劇、教育に興味がある人なら、このセッションは間違いなく役に立つでしょう。

プロフィール

ニッキ・ノジマ・ルイス博士はシアトル生まれ。幼年時代をアメリカの第二次世界大戦の強制収容所で過ごし、その後シカゴで育つ。1950年代には10代でダンスカンパニーで唯一の非白人メンバーとして、分離政策が行われている南部を公演して回った。ワシントン大学でクリエイティブ・ライティングの修士号、フロリダ州立大学でクリエイティブ・ライティングの博士号を取得している。

ニッキ氏は学者としてだけではない。1985年には多文化の女性で構成される平和劇団「ワード・オブ・マウス」のメンバーとして、太平洋岸北西部の各地で上演活動を行い、1986年には「沈黙を破って」を著している。1989年には、シアトル・ソビエト・シアター・エクスチェンジの一員として、ウズベキスタンのタシケントを訪れ、ロシア人、ウズベキスタン人、韓国人のアーティストで構成されるカンパニーとともに公演を行っている。彼女が制作に携わったパフォーマンスのごく一例として、「Women Who Write Too Much(書きすぎる女)」「Most Dangerous Women(最も危険な女性)」「Shirley Temple of the Concentration Camp(強制収容所のシャーリー・テンプル)」「I am Furious Yellow(私は怒れる黄色人種)」などが挙げられる。ワシントン大学の女性センターで教鞭をとり、「教育における芸術」を推進する集団であるローカル・アクセスの共同代表をした経験を持つ。現在は、ニューメキシコ大学のアジア系アメリカ人研究学部のプログラム・スペシャリストである。

 

● お知らせ ●

月例会は、
2019年5月 SIETAR 関西例会 : 「ブラーマ・クマリス -- ラージャヨガの瞑想と哲学」ラリタ・パセラ氏
●日時: 5月26日(日)14:00-17:00

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/