2014年度 SIETAR 関西・JALT大阪 10月合同研究会「コンピテンシーへの好奇心:語学教室で実施する異文化アクティビティ」

2014年09月14日(日) 18:21:21

講演者:     Jon Dujmovich

日時:    20141026日(日): 14001700

場所:    難波市民学習センター(大阪市生涯学習センター、OCATビル4階、

                     Tel  06 6643-7010) アクセス:www.osakademanabe.com

費用:     会員・学生は無料,   非会員は500円

使用言語: 英語

*SIETAR関西のメンバーの方は、通常の例会場所とは異なりますのでご注意下さい(大阪の難波です)。

講演概要

多くの語学教育者が、語学学習のそれぞれの段階にふさわしいテクニックやアクティビティを活用することを訴えています。しかし、語学の授業に文化の学習を取り入れる場合、学習者の異文化学習の発達段階について、普通はほとんど考慮されていません。また、誤ったアクティビティが行われることで、文化に対する誤解が助長されるばかりか、異文化間コンピテンシーの成長も抑えられてしまいます。今回のワークショップではプレゼンターが、学習者の、異文化に対する感受性の発達段階、年齢、語学力などの要因に従って、文化をベースとしたアクティビティをESLやEFLの授業に取り入れる方法について実例を挙げて説明し、それを基にしてディスカッションを行います。アクティビティやテクニックの実例はいずれも、ESL教育学と関連づけられた、異文化コミュニケーションに関する理論や方法論に基づいています。プレゼンターからは、直接参加型のワークショップを通じてアイディアやアクティビティを実験する場が提供されるほか、アクティビティを学習段階にふさわしい形に調整していく方法についての実演も行われる予定です。参加者は、このワークショップで学んだアイディアやアクティビティをクラスに取り入れ、授業の中ですぐに実践できるようになるでしょう。

 

プロフィール:

Jon Dujmovich(ジョン・ドゥモビッチ)は、豊橋にある愛知大学の文学部現代国際科で教鞭を執っています。2008年には、静岡県の中学3年生を対象に、高校の「国際科」への進学、さらなる異文化交流および留学に対する準備を目的とした、英語による異文化コミュニケーションをテーマとした準備コースを企画、実施したことで表彰されました。それ以前には、パナソニックの海外トレーニングセンターやパナソニック エクセルインターナショナルで、異文化トレーナーや語学講師の仕事をしていました。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年10月 SIETAR 関西 例会:「隠れキリシタンと潜んだ信仰」
●詳細は こちら

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/