2015年度SIETAR関西7月例会 「学術論文の書き方:日本語編―紀要編集委員によるワークショップ―」

2015年06月20日(土) 06:49:46

日時:  2015年7月4日(土)14:00 pm―17:00 pm
講演者: 久保田真弓、中川典子 (SIETAR 紀要編集委員会)
場所:  高槻市立総合市民交流センター(第1会議室)
    (JR高槻駅徒歩1分) Tel.0726-85-3721 
     http://www.city.takatsuki.osaka.jp/db/kurasu/images/koryu.gif
費用:  会員・学生:無料  非会員:500円
使用言語:日本語

ワークショップ概要:
このワークショップは、日本語で学術論文を出版したい方でしたらどなたでも参加できる紀要編集委員会企画のものです。ワークショップではグループに分かれ、配布された論文を分析することで、論文の構成要素、論旨の展開、引用の方法、引用文献の書き方、投稿にあたっての注意、などについて学びます。また、グループディスカションでは、参加者の要望も題材にできればと思います。そして、異文化コミュニケーション分野での論文の動向についても話し合う予定です。資料の準備の都合がありますので、参加ご希望の方は、事前に久保田真弓mkubota@res.kutc.kansai-u.ac.jp までご連絡いただけると助かります。

プロフィール
久保田真弓:紀要編集委員長。関西大学総合情報学部教授。91’年インディアナ大学スピーチコミュニケーション研究科博士課程卒業、Ph.D。著書:久保田真弓(2001)『「あいづち」は人を活かす』廣済堂、八島智子・久保田真弓(2012)『異文化コミュニケーション論ーグローバル・マインドとローカル・アフェクト』松柏社、石井敏・久米昭元・浅井亜紀子・伊藤明美・久保田真弓・清ルミ・古家聡(2013)『異文化コミュニケーション事典』春風社など。

中川典子:紀要編集委員。流通科学大学人間社会学部教授。ポートランド州立大学スピーチコミュニケーション学科修士課程修了、関西学院大学大学院社会学研究科修了(博士:社会学)。著書:藤原武弘編著(2007)『人間関係のゲーミングシミュレーション』北大路書房、日本コミュニケーション学会編(2011)『現代日本のコミュニケーション研究』三修社、石井敏・久米昭元・浅井亜紀子・伊藤明美・久保田真弓・清ルミ・古家聡 (2013)『異文化コミュニケーション事典』春風社など。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年4月 SIETAR 関西例会
●日時: 4月中旬(予定) 内容が決まり次第お知らせします

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/