2016年異文化コミュニケーション学会関西支部1月例会「グローバルホスピタリティビシネス:日本におけるホスピタリティ経営学のプログラムは単なる新しい流行?」

2016年01月20日(水) 23:37:27

2016年異文化コミュニケーション学会関西支部1月例会

「グローバルホスピタリティビシネス:
日本におけるホスピタリティ経営学のプログラムは単なる新しい流行?」

講師: 西原 里実(大阪学院大学)
岩切 望 (大阪学院大学)

日時:    2016年1月23日(土)  2:00pm~5:00pm
場所:    高槻市生涯学習センター(高槻市役所内3階、第1会議室)
JR高槻、阪急高槻市駅より徒歩10分
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/shimin/syougaic/gyomuannai/annai/1329120372549.html
Tel. 072-674-7700

費用:   会員・学生は無料, 非会員は500円

使用言語:  英語/日本語

新年会:    終了後にレストランで新年会を致します。参加ご希望の方は1月20日(水)迄に
下記のメールアドレスにお申込み下さい:fujimotodonna@@gmail.com

発表概要:

2020年開催の東京オリンピックを控えた日本では、来訪客に提供するためのホスピタリティが大きな課題と挑戦になっています。しかしながら、歓迎の態度を示すだけではホスピタリティとは言えません。「ホスピタリティとは何か?」を考えなくてはなりません。日本ではホスピタリティというものが、ヨーロッパの高貴な伝統の中で育まれてきた長い歴史とかつ高度な職業観に裏打ちされた職業であることが評価されていません。またヨーロッパの大学では、ホスピタリティが多面的な要素をもち、かつ高度に高貴な分野に特化した由緒ある学問として認識されています。

ホスピタリティの学びはビジネス、言語、会計学、観光学、サステイナブルデベロプメント、組織行動学、ビシネスコミュニケーション、歴史、栄養学、スポーツ、料理等にまでいたり実務も含めた幅広く奥深い分野なのです。近年、日本でもいくつかホスピタリティを取り入れた大学はありますが、未だその学びの領域が明確ではありません。今回の講演ではヨーロッパで提供されているホスピタリティビシネスの基礎を学び、大学における実務に即した理論を履修して、さらに学生の就職先やキャリアパスについて話します。講演者は実際にヨーロッパでホスピタリティ経営学を学び海外の様々な国のホスピタリティの現場で働いてきました。今回はアラブ首長国連邦での仕事を主として話します。

発表者の概要:

西原 里実
大阪学院大学 経営学部 ホスピタリティ経営学科 講師。専門は観光資源の研究。
スイスの全寮制私立高校であるカレッジ・アルペン・インターナショナル・ボー・ソレイル校を卒業後、ミドルセックス大学やエコール・ホテリア・デ・グリオンを卒業。ヨーロッパを主として活躍後にアジア、中近東と小規模なホテルから五つ星ホテルで経験を積む。日本に帰国するまではハイアットグループのグランドハイアット・ドバイ(アラブ首長国連邦・ドバイ)において法人営業部長として現地、日本を含む東アジアの市場を担当。

岩切 望
大阪学院大学 語学教育研究所 エグゼクティブアシスタント。
インスティテュート・ホテリア・セザール・リッツ卒業。スイスの高級ホテルのひとつであるグランドホテル・ツェルマッターホフでの研修を始め、アメリカや中近東のインターナショナルホテルで働く。グランドハイアット・ドバイでは、VIPチームの一員を勤めた。その後、エティハド航空にて客室乗務員を担当する。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年5月 SIETAR 関西例会 : 「ブラーマ・クマリス -- ラージャヨガの瞑想と哲学」ラリタ・パセラ氏
●日時: 5月26日(日)14:00-17:00

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/