2016年10月 合同研究会「広島の被爆者と国際平和の提唱 」

2016年09月26日(月) 23:04:22

 2016年10月 合同研究会
  SIETAR関西・JALT大阪、京都、神戸、奈良 ・多文化関係学会
             
「広島の被爆者と国際平和の提唱 」
講演者:  近藤紘子
日時:   2016年10月16日(日)  14:00~17:00
場所:   高槻市立総合市民交流センター、7階(第6会議室)
      (JR高槻駅徒歩1分) Tel. 0726-85-3721

https://www.google.co.jp/maps/place/高槻市立会館総合市民交流センター/@34.852047,135.6169948,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x600102b7d17be1f7:0x46cb9c0e511c312d!8m2!3d34.852047!4d135.6191835

費用:   会員・学生は無料、  非会員は500円
使用言語: 英語
懇親会:  終了後に近くのレストランで夕食会を致します。参加ご希望の方は
      予約が必要となりますので fujimotodonna@@gmail.com宛に10月12日
      (水)迄にご連絡下さい。
講演概要:近藤紘子氏は、ヒロシマの最年少の被爆者(原子爆弾の被害者)であり、世界中に向けてとても大切な平和のメッセージを送っています。彼女が若い頃には、自分が被爆者であることを人に話したがりませんでした。しかし後になって夫に、「私が広島のために何もしなかったら、私の一生は無意味になってしまう」と語ったそうです。それ以来、彼女は世界中を回り若者やお年寄りに語りかけ、平和と理解を広めるためにたゆまぬ努力を続けてきました。近藤氏は、アメリカのオバマ大統領が広島を訪問した時の演説で、「私たちはこうした物語を、被爆者の方を通じて知りました。原爆を投下した爆撃機のパイロットを許した女性がいます。なぜなら、彼女が本当に憎んでいるのは戦争そのものであることに気づいたからなのです」と、自分の話をしてくれたことを無上の誇りと感じています。この時のお話も、近藤さんから直接聞かせて頂けるでしょう。
プレゼンターの紹介:近藤紘子氏は、ニュージャージー州ハケッツタウンのセンテナリー短大で学び、その後ワシントンのアメリカン大学人文科学部に進学しました。チルドレン・アズ・ザ・ピースメーカーズという組織を通じて、長年にわたって平和活動に携わり、現在はTanimoto Peace Foundationの理事を務めています。また、自分でも2人の子どもを養子に迎えたほか、多くの子どもたちの里親を探すために尽力しました。アメリカン大学核問題研究所が毎年行なう海外研修旅行に同行し、広島、長崎、京都を何度も訪れています。そして世界中で心のこもった感動的な平和のメッセージを伝えています。

The Story of a Hiroshima Hibakusha

​​​A Message of Peace

Ms. Koko Kondo

Ms. Koko Kondo is the youngest survivor of the Hiroshima atomic bombing. After many difficult experiences, she realized that her life’s work must be to become a messenger for peace. She has traveled around the world meeting global leaders and ordinary citizens telling her story in an engaging and personable way.
Today our world is faced with many very difficult challenges, where there is worry about strife and struggle that affect ordinary people. Hearing from Koko Kondo is a great opportunity for everyone to learn about our past. And learning about our past is crucial in building a more positive future as individuals and as a community.
Don’t miss this opportunity!!

Date:​​Sunday, October 16, 2016 (14:00 ~17:00)
Place:​​ Takatsuki Sogo Shimin Koryu Center
(one minute from JR Takatsuki Station)
Tel. 0726-85-3721

https://www.google.co.jp/maps/place/高槻市立会館総合市民交流センター/@34.852047,135.6169948,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x600102b7d17be1f7:0x46cb9c0e511c312d!8m2!3d34.852047!4d135.6191835

Fee:​FREE for all students and for members of SIETAR, JALT, and Japan Society for Multicultural Relations
500 yen for non-members

Language:​English

Social event:​
We will have a meal after the session at a nearby restaurant. Reservations for dinner required by Wednesday, October 12. Contact fujimotodonna@@gmail.com

● お知らせ ●

次回月例会は、Student Fair- Intercultural Experiences」大阪学院大学(11月12日1-5時)
事前申し込み不要
学生、非会員の方もお誘いあわせのうえ、
ふるってご参加下さい。
内容詳細はこちら

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/