2018年異文化コミュニケーション学会関西支部 1月例会: フィンランドの移民のインテグレーション制度について: ピアサポートによる移民や難民の支援

2018年01月05日(金) 22:13:33

  「フィンランドの移民のインテグレーション制度について:
  ピアサポートによる移民や難民の支援」

講師:​​亀谷優子氏 プロジェクト・マネジャー(フィンランド難民協議会)
日時:   ​2018年1月28日(日)  15:00-18:00 (注意:いつもと違う時間です。)
場所:   ​高槻市立総合市民交流センター、第3会議室(3階)。
      (JR高槻駅徒歩1分) Tel. 0726-85-3721

https://www.google.co.jp/maps/place/高槻市立会館総合市民交流センター/@34.852047,135.6169948,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x600102b7d17be1f7:0x46cb9c0e511c312d!8m2!3d34.852047!4d135.6191835

費用:    会員・学生は無料, 非会員は500円
使用言語:  日本語 (但し質疑応答は日本語と英語でおこないます)
懇親会:   終了後に近くのレストランで夕食会を致します。参加ご希望の方   
       は予約が必要となりますので fujimotodonna@gmail.com宛に
       1月24日(水)迄にご連絡下さい。

発表概要:
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1720万人の難民を記録していますが、その数は日を追うごとに増え続けています。多くの国々が難民に門戸を閉ざす中で、フィンランドは作年以上の難民の受け入れに取り組んでいます。
フィンランドにおける移民受け入れ体制は、彼らのアイデンティティーを尊重したうえで、彼らがフィンランドの文化や習慣を理解し受け入れられるような仕組みになっています。彼らの新しい生活を手助けできるのは、同じ経験がある「移民」であり、ピアサポートは彼らのインテグレーションの有効な手段です。みなさんと移民支援における異文化コミュニケーションの重要性について話し合いたいと思っています。

発表者の概要:亀谷優子氏
日本、フィンランドとスウェーデンで福祉を学び、2006年から2017年までフィンランドのNGOやヘルシンキ市福祉局などで、地域住民の移民への理解を呼びかける活動、ピアサポートによる難民の第三国定住の手助けや、移民の生活支援に従事。

● お知らせ ●

月例会は、
事前申し込み不要
学生、非会員の方もお誘いあわせのうえ、
ふるってご参加下さい。
詳細はこちら

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/