2019年5月SIETAR  関西 ブラーマ・クマリス –ラージャヨガの瞑想と哲学

2019年05月06日(月) 10:41:22

講演者:  ラリタ・パセラ氏

日時:    2019526日(日14001700

会場:    神戸市灘区青谷町4-1-3 青谷プラザ301号室、ブラーマ・クマリス・ラージャ

       ヨガセンターTel078 882 5019

アクセス:

三宮駅から六甲行きバス2番または18番で15分、青谷橋バス停で下車、バス停正面にあるアパート「青谷プラザ」の301号室へ。

・阪急六甲駅から三宮行きバス2番で78分、青谷橋バス停で下車。道路を横断したところにあるアパート「青谷プラザ」の301号室へ。

料金: 会員、学生、及び友人の方は無料。

言語:   英語と日本語

事前申し込みは必要。参加するにはDonna Fujimoto(fujimotodonna@gmail.com) へ連絡して下さい。お名前と参加人数、携帯電話番号をお知らせ下さい。締め切りは2019522日です。

センターへお越しになる方は植物性食品以外の食べ物を持って来ないようお願いいたします

プログラムの説明:

ブラーマ・クマリスは、人の転化と世界の再生をひたすらに目指す、世界的なスピリチュアルムーブメントです。1937年に設立し、インドのアーブー山をその精神的本拠とするブラーマ・クマリス130か国以上に8,500ヶ所を超えるセンターを置いてグローバルなネットワークを構成する、国際的な国連NGO(非政府組織)です。女性たちが主導する世界最大のスピリチュアル組織でもあります。ブラーマ・クマリスは人としての進歩やコミュニティ構築、私たちの地球の安寧といった、精神的次元に関するプログラムやワークショップ、修養会などを幅広く提供しています。さらに気候変動に関する各会議にも積極的に参加しています。

今回ご参加の方々には、ラージャヨガの瞑想と哲学について短いビデオを見ていただきます。そこで瞑想の指導があり、その後質疑応答を行います。後半部では「美徳」についてのワークショップ、「美徳を発見すること」という体験ゲーム、そして最後に美徳について、指導のあった瞑想の解説を行います。当組織や哲学、また瞑想体験についての質問は大歓迎です。

講演者のプロフィール

ラリタ・パセラ(Lalita Pathelaはアッサムとデリーで育った後、1978年に来日。数年後、彼女は様々な宗教の研究に興味を持つようになりました。おそらくこれが地ならしとなり、やがて神戸を訪れたブラーマ・クマリスの瞑想の講師に出会うと、彼女は精神性というものに目覚めていきました。ラリタの論理的で理性的なものの見方と、形にとらわれない個性とが相まって、完全に道理にかなう教えをついに悟り、自制心のあるライフスタイルをたちまち回復しました。

ラリタは神戸のブラーマ・クマリスセンターで瞑想の講師をしており、日本やその他の国々で各コースやワークショップ、親のための修養会などを実施しています。また日本の高校で外国語の補助教師としても働いており、神戸YMCAで英語を教えたり、カナディアンアカデミーで勉強しているインド人の子どもたち向けにヒンズー語の指導を行ったり、弁論大会の審査員を担当したり、インドのベジタリアン料理教室で教えたりしています。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年10月 SIETAR 関西 例会:「隠れキリシタンと潜んだ信仰」
●詳細は こちら

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/