2019年6月 SIETAR 関西 合同例会 龍谷大学経営学会・異文化ビジネスコミュニケーション研究会 

2019年05月28日(火) 14:28:06

だれもが尊重される日本社会を目指して:『60万回のトライ』(2013年、コマプレス製作)上映と監督とのトーク ~大阪朝鮮高級学校ラグビー部の青春ドキュメンタリー映画~

講演者: 朴敦史(パク トンサ)共同監督

日時: 2019年6月29日(土) 14:00~17:00
場所:  高槻市立総合市民交流センター(5階、視聴覚室)JR高槻駅より徒歩2分 https://goo.gl/maps/Q5jm7UxbGZVqyQ1X9 Tel. 072-685-3721
費用: 会員・学生は無料、 非会員は500円。 事前登録は不要
使用言語:映画は日本語と韓国語(英語と日本語の字幕付き、質疑応答は通訳あり)
懇親会(自由参加):終了後に近くのレストランで夕食会を致します。予約が必要となりますので参加ご希望の方は6月26日迄にfujimotodonna@@gmail.com宛にご連絡下さい。

概要: 
周知の通り、「ラグビーワールドカップ2019」は9月より日本で開催されます。東大阪市の花園ラグビー場も会場の一つですが、高校ラグビーの強豪校・大阪朝鮮高級学校は、このラグビー場に程近いところにあります。3年間の密着取材を通して、「K-POPもJ-Popも朝鮮の大衆歌謡も好き」な朝校生の素顔を描いた青春ドキュメンタリー映画です。近年、朝鮮学校は、高校授業料無償化から除外、自治体の補助金停止やカットなど、逆風下にあります。また、在日コリアンの雇用も依然として厳しいものがあります。この映画の上映と監督とのトークを通して、誰もが尊重される日本社会を考えていきましょう。

朴敦史(パク トンサ)監督のプロフィール:
1978年京都生まれ、神戸、大阪育ち。在日コリアン三世。2008年より映像を製作し始め、
2010年にソウル出身のジャーナリストである朴思柔(パク サユ)監督と映像製作会社「コマプレス」を結成。朴思柔監督と共に『60万回のトライ』の共同監督。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年10月 SIETAR 関西 例会:「隠れキリシタンと潜んだ信仰」
●詳細は こちら

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/