2019年7月 SIETAR関西・JALT大阪 合同例会

2019年07月04日(木) 10:25:22

私たちの脳の中の音楽 – 普遍的な人類の特徴

  • 講師: Dr. Amanda Gills-Furutaka
  • 日時: 7月28日(日曜日)
  • 時間: 14:00-17:00
  • 場所: 高槻市立生涯学習センター 3階、 第一会議室(JR高槻駅より徒歩10分、阪急高槻市駅より徒歩8分)
  • 費用: SIETAR会員と学生は無料; 非会員は¥500。参加の事前登録は必要なし。
  • 言語:  英語
  • ワークショップ後のイベント(オプション): 近くのレストランでディナー。参加者は、7月24日までに下記宛に連絡。           fujimotodonna@@gmail.com

プログラムの説明

私たちはこの地球で唯一音楽を作ることができる種類の生き物である。その上、人間社会では何らかの音楽が作られている。これは、言葉と同じように人間の脳に習得回路が備わっているからである。このワークショップでは、音楽とは何か、そして私たちの脳が音楽(よく知っているものや他の文化の音楽)をどのように「聞き」、反応するかを探る。又、録音された音楽とライブ演奏の違いを検討し、どれだけ音楽が私たちの生活において不可欠なものであるかを話し合う。このワークショップの最終ゴールとして、私たちは真に「音楽的」であることを認識し、音楽が脳に及ぼす影響や健康全体へもたらす様々な有益に感謝できるようにしたい。

発表者の概要

Dr. Amanda Gillis-Furutakaは京都産業大学で英語とイギリス文化の教鞭をとっている。Dr. Gillis-Furutakaは博士課程で音楽を研究している時に神経科学の発見に興味をそそられ、それから脳の様々な側面についての最近の発見と、それをどのように日常に応用するかを研究し続けている。Dr. Gillis-FurutakaはJALT Mind Brain and Education SIGのProgram Chairを務め、プレゼンターとして、及びSIGの月刊誌「Think Tanks」に貢献している。

● お知らせ ●

月例会は、
2019年5月 SIETAR 関西例会 : 「ブラーマ・クマリス -- ラージャヨガの瞑想と哲学」ラリタ・パセラ氏
●日時: 5月26日(日)14:00-17:00

●●●学会登録方法●●●

当学会へのご登録を希望される方は下記にご連絡下さい。

ご登録されメンバーになられた方は学会からのニュースレター、紀要、年次大会のお知らせをお送り致します。また、シーター関西からの月例会のお知らせのメールも送らせて頂きます。

シーター関西の月例会への参加は全て無料となります。また、月例会、年次大会(シーター・ジャパン主催)での研究発表、ワークショップの開催、紀要での研究発表、等も学会側の事前審査の上、行うことができます。 シーター関西ではできるだけ多くの方々に学会や月例会に参加して頂き、情報交換や研究発表、ネットワーク作りの場を提供することを通して異文化間交流の促進、学会員同志の交流を心がけております。今期より月例会の後に発表者との夕食会の場をもうけ、参加者の方々の情報交換やネットワークづくりの一助になればと学会活動の充実をめざしております。

年会費:10,000円
更新月:毎年4月
(ご登録は更新月にかかわらず随時受け付けております)
学会登録用メールアドレス
シーター・ジャパン

月例会

SIETAR JAPAN事務局

〒162-0801新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内
http://www.sietar-japan.org/